個人再生にだってデメリットはあります!《意外と知られていない?》

個人再生にだってデメリットはあります!《意外と知られていない?》

個人再生にだってデメリットはあります!《意外と知られていない?》

個人再生は法律で認められた債務整理の手続きの一つです。自己破産のようにマイホームを手放す必要が無く、特定の職種に就けないといった職業制限も設けられていないことから、借金問題を解決したい人に人気の方法です。
ただしメリットばかりではありません。どのような手続きにも一長一短があり、詳細をしっかり把握しておかないと思ったほどの効果が得られないことも多いのです。せっかく債務整理に乗り出すのですから、個人再生のデメリットも考慮したうえで、より効果的に借金問題を解決したいものです。
個人再生のデメリットは返済できる収入が無ければ利用できないということです。ここが自己破産とは大きく違うところですが、継続して一定の収入が見込める人でなければ、個人再生を利用することができません。また個人再生は借金を減額するだけなので、残りは3年間、事情がある場合は5年間で必ず返済しなければいけないというのもデメリットといえるかもしれません。
このほかにも個人再生をすれば官報に氏名が公表されますし、信用情報機関にも債務整理した情報が登録されますので、5年から10年間は新しくクレジットカードを作ったり、ローンを契約することはできなくなります。もちろん債務整理をすれば債権者に多大な不利益をもたらすわけですから、これらのデメリットは甘んじて受け入れなければいけないものでしょう。詳しいことについては弁護士など法律の専門家に問い合わせれば教えてくれますので、まずは気軽に相談してみましょう。