個人再生の費用について |個人破産にかかる費用の内訳とは?|

個人再生の費用について |個人破産にかかる費用の内訳とは?|

個人再生の費用について |個人破産にかかる費用の内訳とは?|

個人再生は債務整理の書類のひとつで、自己破産のように借金が全てなくなるわけではありませんが自分の住宅などを手放すことなく債務を最大5分の1程度まで減らす事ができます。比較的新しく導入された法律で、一定の条件さえ満たせば個人再生をする事により周囲への負担が少なくて済むのが利点です。借金の総額が5000万円以内でかつ、継続的収入が見込める場合に有効な手段です。個人再生を行うためには地方裁判所に申し立てをする必要がありますが、この時に必要書類を整えた上で具体的な返済案も添えて申請する必要があります。返済は特殊な事情がない限り通常3年以内におさまっていることが条件です。再生委員が事情聴取なども行った上で最終決議を確定します。実際に裁判所に払う費用は数万円程度ですが、手続きが煩雑なため自分で個人再生の処理をする場合、再生計画の内容や書類の不備などで却下される場合が多く、自己破産を避けるために一般的には弁護士や司法書士に依頼し代理で個人再生の手続きをしてもらうことがほとんどです。相談も含めた費用は依頼先によって異なりますが大体数十万円程が相場です。借金が大幅に減るだけでなく、債権者からの取立てがストップするので心理的な負担が軽くなります。また手持ちがない場合には依頼費用を分割払いにする事も可能ですが、数年間は信用取引のブラックリストに名前が載るので借り入れはできないので現金で払う必要があります。